カナダ留学、語学学校の事なら、カナダ留学ドットコム。カナダ・フィリピンの2カ国留学も完全サポート。

お金の準備方法

留学をする際には、何十万円単位で大きなお金が動きます。そのため、当社のカウンセラーも留学生のみなさんから

どうやってお金をカナダに持ち込めばいいですか?

と質問を受ける機会がとても多いです。貴重な留学資金をロスすることなく持ち込むためにも、しっかりとお金の準備方法を把握しておきましょう!

money

もっともポピュラーなのはクレジットカード

日本とは違って、カナダではクレジットカードでの支払いがメインです。また、クレジットカードはいざというときの身分証明書代わりになることもあり、最低でも1枚、できれば2枚持参するのが望ましいでしょう。

いくらカナダが治安の良い国でも、高額な現金を持って歩くのは危険です。万一の盗難・紛失時にも連絡を入れれば速やかに使用が停止されますし、航空券・語学学校の諸費用・現地での高額な買い物などはクレジットカードで行うほうが安全です。

さらに、カナダは約100万円(1万カナダドル)以上の現金を持ち込むことが禁止されていますので、お金の持ち込み方としてはクレジットカードが最もスマートで安全な方法です。

クレジットカードもいろいろと種類がありますが、Visa CardもしくはMaster Cardを持って渡航してください。というのも、カナダではAmerican ExpressやJCBはほとんど使えません。

年会費が無料のクレジットカードを選ぶことももちろん可能です。加えて、短期の留学が目的の方であればクレジットカード付帯の海外旅行保険を利用することもできますので、クレジットカードを日本で作成して持参することを強くおススメします。

年会費無料で海外旅行保険も付いて来て、海外での紛失や不正利用時にも日本語サポートがあるので安心です。ポイントも貯まるので、現地でカードで支払える生活費は賢くカードで支払ってお得にポイントを貯めたいですね。

現地の両替所を利用

約100万円を超えなければ現金を直接持ち込むことも可能ですが、多額の現金をそのまま持ってくるのは心配です。

そこで安全で簡単な方法は現地の両替所を利用すること。カナダの主要都市であるバンクーバーとトロントには、日本の銀行よりも両替レートがずっと良い両替所があり、日本の銀行からその両替所に送金を行うことが可能です。

しかもこの両替所は日本円を円のまま送金すること(円建て送金)が可能ですので、為替レートの良い時期を選んで両替することができてとても便利です。

また、後述するトラベラーズチェックの両替レートも他の場所より良いことや、両替手数料を取らないことも魅力です。

カナダ現地スタッフがおススメする両替所は以下の2つになります。

  • バンクーバー… Vancouver Bullion&Currency Excange (VBCE)
  • トロント…KVB Kunlun Canada Inc.

この2つは日本の銀行よりも、そしてカナダの他銀行よりも良いレートで両替できることで知られています。

そのため、渡航する際には1週間程度のお小遣いだけを日本で両替しておいて、到着後に日本のご家族や友人に送金してもらうというのも賢い持ち込み方です。(円建て送金には手数料が発生します。渡航する前に、口座をお持ちの日本の銀行にあらかじめ送金手数料について確認することをおススメします。結構高いです!)

トラベラーズチェック(T/C)

海外に渡航する際に安全な現金の持ち込み方法として広く知られているのが、トラベラーズチェック(T/C)。

しかし、近年ではT/Cを扱う店舗数が減少しているため、カナダではその存在はあまりポピュラーではありません。そのため、カナダにT/Cを持参しても使い道に困るという声もちらほら聞こえてきます。

運搬方法としては安全なので、T/Cで持参する場合は上記の両替所ですみやかに現金化するか、最近非常に多くの留学生が利用するようになってきたキャッシュパスポートが良いでしょう。

日本国内では2014年3月31日をもってトラベラーズチェックの販売は終了しています。
 

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートは、簡単に言えば海外で使えるプリペイドカードです。(Suicaみたいなものです。)

日本で予め作ったプリペイド口座に例えば50万円を入金しているとすると、その50万円の範囲で現地ATMで現地通貨(カナダドル)で引き出せると言うものです。

 
ATM

 
必要な時に必要なだけ引き出せるので、非常に安全性が高いですし、ATMは至る所にありますので便利です。(円高時に引き出すとお得です。逆に円安時に下ろすと損になりますので、レートを日々チェックしましょう。)

キャッシュパスポートレシート1

※実際に現地ATMで下ろした際のレシートです。

3ドル(約280円)の手数料が引かれていますが、キャッシュパスポートの場合、お金が足りなくなったら日本のご家族に日本のATMからプリペイド口座に振り込んでもらえます。(インターネットバンクや、銀行窓口でも振込み出来ます。非常に簡単です。)

先述の海外送金手数料が大体3,000円〜6,000円かかることを考えると送金手数料は大幅に削減することが出来ます。

カナダ留学中はアメリカへ旅行される学生さんも多いのですが、アメリカに行ってもこのキャッシュパスポートがあれば、アメリカのATMでアメリカドルが下ろせます。

非常に便利なので、実は私自身もキャッシュパスポート持っています。(スペアカード含め2枚届きます。)
↓ ↓ ↓
キャッシュパスポート
 
 
オンラインでいつでも残高確認が出来ます。(恥ずかしながら残金32,321円・・・)
 
スクリーンショット 2016-08-21 20.06.57
 

入金(チャージ)をする際には、キャッシュパスポートのサイトにてレートを確認してから実行しましょう。
↓ ↓ ↓
スクリーンショット 2016-08-21 21.08.12

実は、大きな留学資金は「円高」時点でさっさと移動させてしまうと大きく得する可能性があります。

例えば、1ドル100円の場合に100万円をカナダドル建てで入金すると、10,000ドルがチャージされます。(キャッシュパスポートの手数料がチャージ時に入金額の1%が取られますが、ここでは無視します。)※尚、入金限度額は100万円です。

では、1ドル85円の場合ではいくらチャージされるでしょうか?

答えは、100万円÷85円=約11,765ドル

1,765ドルの差って結構大きいですよね?

入金の際の手数料1万円(入金額の1%)を差し引いても単にレートが円高時に振り込んだというだけで15万円近くの差なんですから。

ただし、ここ要注意です!(以下公式サイトから抜粋)

ATM引出に際して、カードに保有する通貨以外の通貨で引き出しが行われる場合は、MasterCard®が定めるレートに4%の為替手数料が上乗せされます。
 

とのことなので、カナダへ行くことが決まっているなら、円高でカナダドルが安くなった際にカナダドルで入金(チャージ)若しくは日本円からカナダドルに資金移動しておくことが吉ですね。

資金移動もめちゃ簡単ですから。
スクリーンショット 2016-08-21 20.11.05

留学直前に慌てて準備するのではなく、留学を決意したら、出発までの間にキャッシュパスポートを早めに作り、レートチェックを欠かさず、円高になった時点で即チャージです。(大切なことなので何回か言いました。)

ちなみに、ここ10年で見ると、カナダドルは1ドル125.54円(2007年)が最高値、1ドル68.31円(2009年)が最安値です。今のレートがどちら側に寄っているかで判断すると良いでしょう。

現地到着したら現地口座も開設しますし、アルバイトで稼いだお金はそちらに入金されるわけですが、出発前には「クレジットカード」と「キャッシュパスポート」をそれぞれ持っていると万一の際も安心で便利な上に無駄な経費を大幅に削減できます。


資料請求はこちらから

« »

カナダ留学をお考えの方へ留学ガイドブックの資料請求はこちら留学説明会のご案内はこちら

はじめての方へ 留学ドットコムが選ばれる5つの理由

お問い合わせはこちらからお問い合わせ・ご相談留学サポートのお申し込み留学ガイドブック資料請求無料留学説明会のご案内無料留学カウンセリング

お問い合わせ

お電話・各種専用フォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-3986-2931
(タップでお繋ぎ致します)

AM9:00~PM6:00(土日祝は休み)

カナダ留学現地サポート 2カ国留学のご案内 カナダで高校留学してみませんか? プログラムのご紹介 学校ランキング Vector International Academyのご紹介 資格を取ろう!IN CANADA

お客様へのお約束

Copyright(C) 2016 株式会社トリプルファースト / カナダ留学なら カナダ留学.com All rights reserved.

お問い合わせはお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談留学ガイドブック資料請求カナダ留学説明会の参加お申し込みフィリピン留学説明会の参加お申し込みサービスのお申し込み

留学に関する豊富な資料をお届け!無料の個別留学カウンセリングもお気軽にご利用ください!