カナダ留学、語学学校の事なら、カナダ留学ドットコム。カナダ・フィリピンの2カ国留学も完全サポート。

中・高校留学

中高留学について

中学を卒業した後、または中学2年生や高校生の方からも海外の留学に関するお問い合わせをたくさん頂いております。

未成年の留学が身近になっても情報量はまだまだ多くありません。このページではカナダの高校留学をする際に必要となる情報、出願内容、教育システムなどについて詳しくご案内します。

未成年の留学には様々な種類があり大まかに説明すると下記の3つのカテゴリーに分かれます。

  • 6ヶ月未満の短期留学
  • 1年間カナダの高校に通う体験留学
  • カナダの高校卒業資格を取得する卒業留学

いつ留学するのが一番良いのか、教育委員会もたくさんあるけどどこが自分や自分の子どもにとって最適なのかなど経験豊富な現地カウンセラーがしっかりアドバイス致します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

カナダで中・高校留学をするメリット

メリット その1

カナダが誇る高い教育水準

カナダが誇る高い教育水準

カナダの中・高校を卒業した生徒は地元カナダ人、留学生に関わらず大学への進学率が高いことで有名で教育水準の高さに評判があります。

カナダの高校を卒業した後はカナダ以外にもアメリカやイギリス、ヨーロッパ各国、オーストラリアなど他の国の大学へ出願することも出来ます。

メリット その2

高い英語力を身につける

高い英語力を身につける

英語はいつでも勉強出来ますが、ネイティブ並の発音や英語力は若いうちに習得するのがベストです。

高校を卒業する前に英語環境で授業を受け友人を作り生活することで、世界で活躍するために必要な英語技術を身につけることが出来るでしょう。

メリット その3

訛りのない綺麗な発音を習得

カナダが誇る高い教育水準

世界では様々なアクセントで英語が話されていますが、カナダ英語は一番発音が綺麗で訛りがなくアメリカなどのニュースキャスターが使う英語はカナダ英語といわれています。

誰が聞いても分かりやすく理解のしやすい英語を身につけるにはカナダが最適の国と言えるでしょう。

メリット その4

世界的にみても治安の良いカナダ

世界的にみても治安の良いカナダ

カナダはバンクーバーやトロントなどの大都市をはじめ、どの地域も世界的にみて治安が良いことで未成年の留学生にも人気があります。

銃社会のアメリカが隣にありますがカナダは銃関連の事件もそこまで多くなく、普通に生活していれば怖い思いをすることもあまりないでしょう。親御様も安心の留学先です。

メリット その5

公立の高校で選択できる授業の種類が多い

公立の高校で選択できる授業の種類が多い

カナダのセカンダリースクールでは卒業に必要な単位が決められており、本教科以外に興味のある科目を受講し単位を集めて卒業します。

日本と比べて選択できるコースがたくさんありますので、自分の興味に合った分野を深く追求しながら楽しく勉強することが出来ます。

例:コンピューターグラフィック、フランス語、中国語、スペイン語、日本語、写真、技術、家庭科、プログラミング、スポーツ、音楽、心理学、ビジネスなど

メリット その6

入学時に英語力が必要ない

世界的にみても治安の良いカナダ

カナダでは公立セカンダリースクールへ留学する場合、英語力の基準はなく英語力がなくても日本で一定の成績をとっていれば願書を申請することが可能です。

入学する前にカナダで英語レッスンを受ける学生もいますし、9月の新学期にあわせて渡航し英語力は学校が提供する語学コースで学んでいきます。

メリット その7

セカンダリースクールが提供するESL語学サポート

セカンダリースクールが提供するESL語学サポート

6でも触れましたが英語力がない生徒でも入学が可能なので、新学期が始まってからはESLという英語サポートプログラムを受講しながら、他教科の授業にも参加します。

ESLにはレベルがあり最後のレベルが終わるとカナダ人と一緒に通常の英語授業を受けることが可能で、この英語授業は卒業単位として必須です。

カナダ義務教育のシステム

カナダの義務教育システム

カナダはそれぞれの州が教育システムや学校のカリキュラムを管理しています。

留学生に最も人気の留学都市であるバンクーバーはBC州に属しています。

BC州では14歳以上の生徒は親御さんの付添いなしに一人で留学することが可能です。

14歳からはセカンダリースクールという中学校と高校が一緒になった一貫校に入学します。

公立セカンダリースクールの特徴

  • 学校が大規模なので体育館、音楽室など設備が整っている
  • カナダでは約85%以上の学生が公立の学校に通うほど公立学校は高上質
  • 世界30カ国以上から留学生を受け入れているマルチカルチャリズム
  • 滞在方法はホームステイ
  • 英語力がない留学生の受け入れも盛んに行っている
  • ESLサポートが充実している

不登校で再チャンスを狙っている・高校卒業資格を取得したい未成年の皆様へ

日本の学校へ事情があって通っていない、学校やクラスになじめず不登校で卒業が出来ないなど色んな理由を抱え何らかの事情で学校へ通えない学生も最近は多くなっています。

カナダにある数校のセカンダリースクールではそんな未成年就学者にも学校へ入学し、高校を卒業するチャンスを与えています。

例えばバンクーバーにある学校では、中学校さえ卒業していれば学校に入学してから一番短くて2年ほどで高校を卒業することが出来るようにシステムが作られています。

もちろん英語の勉強から始めるので、しっかり毎日授業を受け宿題をこなすのが前提ですが、カナダの高校を卒業してそのまま日本の大学に進学したり、専門学校へ進むことも出来ます。

カナダの自由な校風、色んな文化が織り交ざった環境でもう1度やり直したい!という方は是非ご連絡ください。

9月新学期前の4-8月で英語力を高めたい方

中学校を3月に卒業したり高校の途中で留学する方は9月までの新学期まで、カナダにて語学研修を受けることが可能です。

月曜日から金曜日まで、1日約5時間ほどの英語レッスンを集中的に受けることによって新学期からの生活をスムーズに始めることが可能です。

その場合のスケジュールはこちらです。

3月 日本の中学校を卒業、または留学前の学期を終了
4月-8月 語学研修コースをカナダにて受講
9月 カナダの中・高校にて新学期開始

4-8月の間英語レッスンを受けるとだいたい授業料が50-60万円、ホームステイの滞在費用が40-45万円かかります。

もちろん4月からではなく5月以降の渡航や数ヶ月のみの英語レッスン受講も可能です。

スケジュールやご予算によって留学プランを提案しますのでお気軽にお問い合わせください!

中・高校正規留学専用のサポート

正規留学

私たちは日本の東京、名古屋、大阪に事務所がありますがカナダの現地バンクーバーにも提携オフィスがあります。

そこにいるスタッフは全員留学経験者、現地の教育システムや未成年の留学にも精通していますので教育委員会のご案内や留学プランの提案、学校の願書作りやビザ申請アドバイスなどお客様が一番心配な部分までしっかりサポートします。

また、現地にきてからも渡航前から連絡を取り合っていたスタッフが留学のスタートをサポートしますのでスムーズに現地の生活に入っていただくことが出来ます。

カナダ正規中学・高校留学現地サポートご案内

ベーシックサポートプラン

渡航前のお手続きと留学開始から3ヶ月間現地オフィスのサポートの利用が可能なスターと応援パッケージです。

渡航前サポート

  • 渡航前の現地教育委員会/学校の情報提供
  • セカンダリースクールへ送付する願書申請代行手続き
  • ビザ申請に必要な入学許可書や後見人申請書類の手配と送付
  • ビザ書類作成代行/アドバイス
  • 学校手配によるホームステイ詳細の送付とご案内
  • 航空券のご購入のサポート
  • 渡航前の持ち物や最終チェックなどサポート

滞在中サポート

  • 空港へのお出迎え
  • 学校生活やホームステイに関する相談受付 (3ヶ月間)
  • 現地サポートオフィスの利用
  • 銀行口座開設/在留届などお手続きのサポート

プレミアムサポートプラン

上記のベーシックサポートにプラス、24時間緊急連絡サポートのご利用や親御様への留学生活レポート送付など学生様と親御様が安心して留学生活を送るために必要な全てのサポートが含まれます。

渡航前サポート

  • 渡航前の現地教育委員会/学校の情報提供
  • セカンダリースクールへ送付する願書申請代行手続き
  • ビザ申請に必要な入学許可書や後見人申請書類の手配と送付
  • ビザ書類作成代行/アドバイス
  • 学校手配によるホームステイ詳細の送付とご案内
  • 航空券のご購入のサポート
  • 渡航前の持ち物や最終チェックなどサポート

滞在中サポート

  • 日本人ドライバーによる空港へのお出迎え
  • 学校生活やホームステイに関する相談受付 (3ヶ月間)
  • 現地サポートオフィスの利用
  • 銀行口座開設/在留届などお手続きのサポート
  • 緊急24時間連絡サポート
  • お子様の学校生活やホームステイなど留学生活のレポート送付
  • 毎学期終了後に成績表と成績表の翻訳を送付
  • 取得する単位の相談や大学進学の関するアドバイス
  • 教育委員会との連絡窓口
  • 日本に一時帰国する際の航空券取得サポート
  • 各科目家庭教師のご紹介

カナダ高校留学後の進学について

進学について

カナダの高校を卒業した後の進路は日本で高校を卒業するのに比べて選択肢が大きく広がります。

主な留学後の進路としては次のようなものが多くなっています。

日本の大学に進学

カナダで留学した後に日本の大学進学を希望する留学生も多いです。

最近では9月入学や留学していた学生への特別試験などを用いる大学もあり、有名な私立大学にも多くの先輩留学生が入学しカナダでの英語力や経験を活かして頑張っています。

帰国子女特別選抜制度をご利用されたい場合、それぞれの大学によって規定がありますので事前に大学側に問い合わせをし基準や出願資格を確認してください。

カナダ、アメリカ、その他の国で進学

カナダの高校で卒業した後、そのままカナダに残りカレッジ・大学進学をする留学生も多いです。

卒業する高校で単位のアドバイスなどがあるので安心です。

また、他にはアメリカや他の国にて進学を希望する学生も多いので海外の大学に進学する場合はそれぞれの大学が設けている必須科目を在学中に受講し単位を取得しておく必要があります。

学校のカウンセラーや大学の入学担当者と相談しながら卒業プランを立てましょう。

お勧めの教育学区と特徴

リッチモンド教育委員会 (Richmond School District)

リッチモンドはオリンピックフィギュアスケート会場があったことで有名な地区です。カナダ人や中華系の移民の方が多く在住されている場所でもあります。

リッチモンドの南側にあるスティーブストンは日系カナダ人の方も在住しており高校に多国籍の学生さんが在籍しています。

特徴

  • 治安が良く犯罪も少ない町並み
  • 様々な文化に溢れた楽しめる地域
  • バンクーバーの中心部まで約25分と便利な立地条件
  • 公立図書館があり35万冊以上の本を無料で借りることが可能
  • 内容の濃い語学サポートクラスを持っており留学生にも安心

学校例

  • Hugh Boyd Secondary School(ヒュー・ボイド高校)
    学校の中にコミュニティセンターがあり設備がしっかり整っている学校です。
    国籍の豊かさも人気の一つで選択授業も多く評判の良いセカンダリースクールの一つです。
  • McMath Secondary School(マックマス高校)
    英語だけではなく、カナダ東部では第一言語とする地域もあるフランス語教育にも力を入れており、進学率も高い学校です。

教育学区一覧に戻る

パウエルリバー教育委員会 (Powell River School District)

パウエルリバーはバンクーバーから飛行機で約30分の場所にある街です。留学生も少ない小さな街だからこそ地元の方は温かく迎え入れてくれます。治安が良くコミュニティーになじみやすいことで有名です。

特徴

  • 留学生が少ないからこそ地元の方が温かく受け入れてくれる
  • 都市部よりも治安が良く人気の街
  • バンクーバーから約30分の場所に位置する便利な街
  • 充実した施設や設備、豊富な選択授業はBC州NO.1
  • ESL人気の秘訣は専門の学校と講師

教育学区一覧に戻る

バンクーバー教育委員会(Vancouver School Board)

カナダ西部で一番大きな教育都市であるバンクーバーには世界30か国からの留学生が18校のセカンダリースクールに分かれて勉強しています。

全体の約1.4%が留学生といわれており現地の高校生と一緒に卒業を目指しています。

特徴

  • 経験豊富なESL教師が、英語を第一言語としない学生に英語を教授するので分かりやすい
  • 豊富な選択科目が揃う
  • 英語以外にフランス語、スペイン語、中国語の第二外国語の受講も可能
  • 放課後のクラブなどを通して、現地学生との交流

学校例

  • Vancouver Technical Secondary School(バンクーバーテクニカル高校)
    多様な教育プログラムを提供するこちらの高校は、カナダの教育機関から”カナダにある学校で理想を全て適えられる学校”のひとつに選ばれています。
  • Kitsilano Secondary School (キツラノ高校)
    地元の大学生からも大人気のキツラノエリアにあるこちらの学校は、必修科目、体育コースに実績を持ち評判の良い総合中等学校です。
  • Gladstone Secondary School (グラッドストーン高校)
    こちらは卒業生の半数が優秀な成績を残したと州から表彰された実績のある学校です。特に合唱や、演劇、ダンス、デザイン、ジャーナリズムでは高い評価を受けています。
  • Eric Hamber Secondary School (エリック・ハンバー高校)
    こちらの学校は生徒のニーズを考えてカリキュラムが立てられている事が人気の秘訣です。優秀な成績を残す生徒が多い事が成果としてあります。

教育学区一覧に戻る

バーナビー教育委員会 (Burnaby School District)

バンクーバーの隣にある地域で人気公立総合大学ですサイモンフレーザー大学(SFU)をはじめ卒業後の就職率が高いBCITという工科大学が集まる学術エリアといえます。

特徴

  • バンクーバーダウンタウンから約20分ほどの便利な場所
  • 公園や湖が多く在る自然豊かな地域
  • 近隣の市へ便利な公共交通が完備されている
  • 観光スポットも点在し、特にショッピングモールはBC州で最大の規模を誇る
  • 幅広いESLプログラムを提供

学校例

  • Burnaby Central Secondary School(バーナビーセントラル高校)
    バーナビー市中心部に位置する学校で、中でもスポーツプログラムが充実しておりサッカーアカデミーは生徒から大人気です。
  • Burnaby South Secondary School(バーナビーサウス高校)
  • Burnaby North Secondary School

教育学区一覧に戻る

ウエストバンクーバー教育委員会 (West Vancouver School District)

美しい海と山に囲まれ住民の平均所得がカナダでNO.1とも言われる高級住宅が広がる閑静なエリアです。

市内にある「ブリティッシュプロパティー(British Property)」と呼ばれるこの地域で最も古い高級住宅地は観光名所としても人気があります。

特徴

  • 教育レベルの高さと優れた教育環境はカナダ現地の人からも大人気
  • カナダで一番早くESL留学生を受け入れ始めたという長い経験と実績を誇る
  • バンクーバーダウンタウンまで約30分程の便利な場所
  • カナダ国内にとどまらず、北米大学への進学率が高い

学校例

  • West Vancouver Secondary School (ウエストバンクーバー高校)
    マンツーマンでの学習補助があるこちらの学校は、100人以上の留学生が在籍するほど人気の学校です。
  • Sentinel Secondary School (センチネル高校)
    とても閑静な住宅街の一角にあり、ウエストバンクーバー教育委員会の事務所の近くに位置しています。素晴らしい景色が一望できる事でも有名です。この学校が誇る一番の実績は、40か国を上回る留学生の受け入れがある国際留学プログラムです。
  • Rockridge Secondary School (ロックリッジ高校)
    近郊にスキー場があり、ウエストバンクーバーの中で一番新しい学校です。運動、芸術、音楽を強化しているため、それらの教科で州の成績優秀者教育コースに参加できるプログラムがあり、本格的に学びたい学生にお勧めです。

教育学区一覧に戻る

コキットラム教育委員会 (Coquitlam School District)

バンクーバー東部にあるコキットラム市はトライシティー(Tri-City)の1つで、残り2つのトライシティーは隣接しているポートコキットラム市(Port Coquitlam)と ポートムーディ市(Port Moody)です。

特徴

  • 治安が良くフレンドリーなコミュニティー
  • 太平洋とフレーザー川に隣接しており美しい自然があふれる環境
  • 教育に力を入れておりBC州で3番目に大きな教育地区

学校例

  • Riverside Secondary School (リバーサイド高校)
    この学校の教育方法は英語とフランス語の両方の言語で行う授業です。バイリンガル育成に強化した学校です。
  • Dr. Charles Best Secondary School (ドクター・チャールズ・ベスト高校)
    芸術関係(ビジュアルアート、パフォーミングアートなどに)の授業を強化している学校で、新しく体育館やダンスフロア、アート専用施設のなど高い設備も設置しています。

教育学区一覧に戻る

高校留学体験インタビュー1:モリカワ様

Q.高校留学を決意した経緯を教えて頂けますか?

 
私は、海外の文化や英語に憧れを抱いたのは、14才の夏に友達と二人でアメリカのミシガン州デトロイトに旅行でいったことがきっかけです。

現地に住む同い年の友達も含め三人で、サマーキャンプに参加したり、ショッピングに行ったりと、たのしい二週間を過ごしました。

その頃から海外での生活に憧れはじめ、中学二年生ながらも、将来は海外で生活することを夢に見ていました。

本格的に留学を考え始めたのは、高校一年生の夏に、カナダに一か月の短期留学をしたことです。
 

(初めてカナダに短期留学できた時に空港で撮った写真)
 
BC州ノースデルタの高校でサマースクールに通い、他の国からの留学生の子たちとも思い出に残る時間を過ごしました。

自分の拙い英語でも、他の言語で友達と会話ができることが、楽しくて、同時にもっと英語を上達させたいという気持ちも大きくなりました。

他の現地の高校に留学していた日本人の友達の話を聞いたこともあり、自分もこの町に戻ってきて高校生として生活したい、という気持ちが大きくなりました。

そして、日本に帰るとすぐに母にその旨を伝えました。その後母も父も快く私の好奇心を応援してくれ、今はカナダで勉強することができています。

Q.カナダを選ばれた理由はなんだったのでしょうか?

カナダ、特にBC州のバンクーバーを長期留学の場所に選んだ理由は、なまりの少ない英語、治安の良さ、美しい自然と都市が融合する場所、の主に三つの理由からでした。

カナダは多国籍文化の国なので、実際に生活するといろんな国のなまりのある英語を耳にして、面白いところの一つですが、多くの人は私にとって聞き取りやすいアメリカンアクセントを話します。

また、前に短期留学をしていた時に、私が今住んでいるバーナビーという街の雰囲気が、きれいで平穏だったので、ここに住みたいと思いました。

最後の理由は、私が今バンクーバーについて最も好きなことの一つですが、ここは山や海と都会が融合したとても住みやすい街だということです。

道では毎日のようにリスや野生の動物を見かけたり、休日には近くの山でハイキングをして大自然を楽しんだりすることができます。

また、大きなショッピングモールやレストラン街へのアクセスも良く、充実した留学生活が楽しめます。


(international field tripでロッキーマウンテンに行ったとき)

Q.実際にカナダの高校生活はいかがですか?生活面の楽しいこと、苦労されていることを教えてください。

高校生活で楽しいことの一つは、クラスや学校のアクティビティを通して多様な友達ができることです。

学校には様々な国のバックグラウンドを持った友達がたくさんいて、日常会話の中では日々新しい発見の連続です。

また自分の日本人としてのアイデンティティーをこんなに意識して、生活することは今までなかったので、友達に日本の文化や生活のことを聞かれたり、また紹介したりすることが特に楽しいです。

放課後にはダンスのクラブやリーダーシップのクラブに入って活動しています。

同じことに熱意がある人が集まった場所で、友達関係が築けることは本当にかけがえのないものです。

私にとって大変なことは主に、時間管理です。

留学生活では、自分のスケジュールは自分で決めながら、新しい挑戦をすることの連続で、自立することの大切さを学びました。

毎日宿題や勉強がたくさんある上に、放課後のアクティビティや学校外での活動など、私のスケジュールが忙しくなりがちなこともあり、そんな生活を常に調節することに力を入れています。

またそんな高校生活の中でも、私のことを本当に大切にしてくださる、ホームステイファミリーと過ごす時間を作ることを、常に心掛けています。
 

(私の誕生日にホストシスターとブラザーと)
 

Q.英語面での楽しいこと、苦労されていることも教えてください。

英語を使って生活していて、私が一番嬉しいことは、日常の何気ない会話の中で、友達や家族に「英語がうまくなったね」と言われたり、自分で聞く力や話す力がついたなと気づいたりするときです。

私の所属するダンスのクラブでは、毎回練習を始める前に、みんなの前で一人一言あるお題に対してコメントを言います。

私が初めてグループに向かって自分の英語を話したのはそのときが初めてで、とても緊張したのを覚えています。

その習慣を繰り返すうちにだんだんと公の場で自分の意見を言うことを躊躇しなくなり、堂々と話すことができるようになりました。

私のホストファミリーは、一年半前の英語が拙かった私をよく知っているので、私の口調が変わってきたと、一番よく知って、伝えてくれます。

しかし、留学に来てから自分の英語に自信がつくまでは、苦労の連続でした。

間違いを恐れて、本当はシャイではないのに授業でも会話でも口数が減ってしまい、話すときは余計に緊張していたのを覚えています。

私は、留学を初めて数か月たったころから、恥ずかしがらずに喋ることができるようになったと思います。

また、今でも苦労することは、学年が上がってくると、英語や国際社会などでディスカッション形式の授業もあり、公の場で発言する機会が増えることです。

話題の内容が深い上に、友達の発言にも気を付けていなければいけないので、一生懸命に参加しています。

 

(ダンスショーステージ)
 

Q.弊社をお選び頂いた理由と実際のサポートを受けていかがでしたか?

 
私がこちらのエージェントを選んだ理由は、バンクーバーエリアの中で当社が対応している地域が多く、まだどこの学校に留学しようか決めてなかった私たちにとっては、たくさんの選択肢を持つことができたからです。

現地にオフィスがあるということも、困ったことや助けが必要なことがあったらすぐにお伺いできるので助かりました。

実際にこちらのサポートにはとても満足しています。

月一回のペースで私の担当をしてくださった方と連絡を取り、時にはオフィスにもお邪魔して、学校やホームステイなどで困ったことや不明点があるとすぐに対応してくださいました。

オフィスもきれいで交通の便もよく、とても居心地の良い空間で、日本に宅急便を送る際にもお世話になりました。

また、私の家族が日本から遊びに来た際にも、スタッフの方がおすすめスポットを紹介してくださったり、目的地までのタクシーの手配をしてくださったりとすごく丁寧なサポートに感謝しています。

Q.将来の夢や、これからの目標、展望などあればお聞かせください。

 
私は、高校卒業後にカナダの大学で、健康科学に関連する分野の勉強をするつもりです。

高校で培った知識と英語力を生かして、大学でも全力を尽くして勉強し、海外で働けるくらいの技術と知識を身に着けることが目標です。

具体的には、対人関係が得意で、人のために働きたいという熱意を生かして、看護師として働きたいと考えています。

また高校の職場体験プログラムで看護施設でボランティアをした経験を通して、さらにこの仕事に興味と憧れを抱きました。

大学卒業後は3年のビザがもらえるので、自分のキャリアを積み、将来的に、カナダで働く日本人女性看護師として、人の生活に寄り添うことができたらいいなと思います。

高校留学体験インタビュー2:ハン・ユーシャン様

Q.高校留学を決意した経緯を教えて頂けますか?

私は中学校を卒業するまで、高校留学について考えたこともなかったのですが、中学校卒業した後の春休みの期間に何か違う生活をしてみたい、新しい事に挑戦してみたいと思いました。

その時母に相談してみたら、「あなたの人生はまだまだ長いのだから、やりたいことに全部挑戦してみたら?」と言われたのがきっかけで、海外留学に挑戦することを決意しました。

Q.カナダを選ばれた理由はなんだったのでしょうか?

高校留学について色々体験談を調べていたら、カナダが一番評判の良い国だなと思いました。

他の国と比べて料金もお手頃で、安全だと多くの人から聞きました。さらに、カナダの英語はほかの国と比べてアクセントがあまりなく聞きやすい英語なので、そこにも惹かれました。

Q.実際にカナダの高校生活はいかがですか?生活面の楽しいこと、苦労されていることを教えてください。

カナダの高校生活は本当に楽しいです!

カナダは多文化共生の国なので、日本ではできない体験をたくさんすることできます。カナダにいると、カナダの事だけではなく今まで知らなかった国について学んだり、食べたことがない料理を食べたりして、世界が広がったと実感しました。

しかし、一人で高校留学するのは簡単なことばかりではありません。家族に頼ることはできないので、自分で自分に責任をもって行動をしなくてはいけません。私も、勉強と生活面のやりくりを両立するのに苦労しました。

Q.英語面での楽しいこと、苦労されていることも教えてください。

カナダにきて、私は初めて英語だけの環境で生活を体験しました。

色々な国の人と話して、私は英語のすばらしさを実感しました。

英語は世界を繋ぐ言語だと思います。そして、私は自分に英語を学ぶ機会を与えられたことに感謝しています。

私は子供の頃からずっと英語の勉強をしているので、英語の基礎力はあり最初はあまり苦労していなかったのですが、高校に来て勉強すればするほど自分のリミットを感じました。

特にボキャブラリーが足りなくて、日常生活の中で時々他の人の言葉を聞き取れない事もありました。

Q.弊社をお選び頂いた理由と実際のサポートを受けていかがでしたか?

カナダ留学と決めた後、いろいろ調べたらエージェントのウエブサイトを見つけました。経験談があり、留学の紹介も詳しく、料金もとても良心的だったので、すぐにこちらのエージェントに決めました!

実際にサポートをしてもらって、本当に良かったとずっと思っています。

スタッフの方たちが親切で、勉強だけじゃなくて、生活面も関心を持ってサポートしてくれるので、本当に暖かく感じました。

Q.将来の夢や、これからの目標、展望などあればお聞かせください。

将来はこのカナダの体験を生かして、国際関係について学びたいと思います。グローバリゼーションが進んでいる世界のために貢献をしたいです。

まずは、一生懸命に勉強し、カナダの大学に入ることも視野に入れ、もっと自分の世界を広げようと思っています。

高校の体育の授業の風景

学校のクラスメートとの集合写真

アートのクラスでの1枚

学校のダンスパーティー

学校のバックヤードで楽しい夏の一時

 

資料請求はこちらから

カナダ留学をお考えの方へ留学ガイドブックの資料請求はこちら留学説明会のご案内はこちら

はじめての方へ 留学ドットコムが選ばれる5つの理由

お問い合わせはこちらからお問い合わせ・ご相談留学サポートのお申し込み留学ガイドブック資料請求無料留学説明会のご案内無料留学カウンセリング

お問い合わせ

お電話・各種専用フォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-3986-2931
(タップでお繋ぎ致します)

AM9:00~PM6:00(土日祝は休み)

カナダ留学現地サポート 2カ国留学のご案内 カナダで高校留学してみませんか? プログラムのご紹介 学校ランキング 資格を取ろう!IN CANADA

お客様へのお約束

Copyright(C) 2018 株式会社トリプルファースト / カナダ留学なら カナダ留学.com All rights reserved.

お問い合わせはお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談留学ガイドブック資料請求カナダ留学説明会の参加お申し込みフィリピン留学説明会の参加お申し込みサービスのお申し込み

留学に関する豊富な資料をお届け!無料の個別留学カウンセリングもお気軽にご利用ください!